土曜日, 7月 28, 2007

トレイルランの夏

今シーズンはトレイルランをメインに走ってる。

春から、青梅のモントレイル、箱根の50K、北丹沢に参加、そして昨日は富士登山競走を5年ぶりに走った。
毎年遠征していた頃は夏は試合調整期。疲労をためるようなレースは控え、オリエンテーリングに集中する時期だった。
夏は比較的低地でやるOLよりも1000m以上の山に登ったほうが気持ちよい。遠征もない今年は、疲労を気にすることなく山を楽しんでいる。
日本の山はいい。あらためて感じる。丹沢のような1000m級の森深い山にも、3000mを超える森林限界を超えた高山もそれぞれに良さがある。
欧州遠征を気軽にすることはもはや難しくなってしまったが、その分日本の中でまだまだ知らない美しい山に行ってみることが、これから数年の楽しみだ。

ただ、皮肉なことになかなかレースの結果は伴わない。
箱根でそこそこのレースができた以外はいずれも満足な走りができてない。昨日の富士登山ではベストより37分遅く、大学1年次に参加した18年前より悪い、ワースト記録だった。
あまりレースへの調整を意識してないせいもあるが、それにしてもふがいない。
正直なところ全日本で勝っていなかったら、自分のアスリートとしての低落ぶりにあきらめていたかもしれない。
でも、まだもう少し辛抱して持久力の向上を目指してみよう。

今シーズンは残り富士登山駅伝、御岳のスカイマラソン、三河のトレイルに参加する。その他北アルプスなどにも走りに行こうと思う。山耐には参加できないが、9月いっぱいまではトレイルラン中心に走るつもりだ。


月曜日, 7月 16, 2007

二世の時代

JWOC2007が終了した。
90年に始まったジュニア世界選手権がはじめて欧州を離れ、オーストラリアで開催された記念すべき大会。
WOCで活躍している選手の多くはジュニア時代からその片鱗を見せるので、JWOCのリザルトは良く見ておくと、その後の選手の成長が見れて面白い。

それにしても今年のリザルトに並ぶ名前を見て時代の流れを感じてしまった。

女子のミドルで優勝したJenny LÖNNKVIST
彼女の父は80年代に活躍したLarsである。
WOCでの活躍はほとんどなかったが、SWE国内では強い選手で、87年に高校生で始めてO-ringenに出た時、総合優勝していた。
北欧人とは思えない華奢な身体だがスピードのある選手で当時、あのような選手になりたいと憧れたものである。

男子のTimo Sildは、旧ソ連圏に初のメダルをもたらしたSixtenの息子。
そしてNORのErik Sagvoldenは、80年代にOivind Thonなどの陰に隠れてしまったが3度のWOC2位をとった無冠の大器Toreの息子らしい。

日本でも、高野さんの長女美春ちゃんが2回目のJWOC出場を果たした。

かつて若い頃に憧れていた選手の2世が活躍している。
そうおもうと、自分も歳をとったものだ。

そういえば、ミドルで3位になったMartin Hubmannはスイスのエース、Danielの末弟らしい。次男のBeatと共に将来兄弟3人WOC代表も夢ではない。

こうしてみるとオリエンテーリングは日本でも世界でも、やっぱり家族スポーツなんだな、と感じる。