木曜日, 1月 29, 2009

マイペースに

子供には自分の半分のDNAが受け継がれる。現代科学では当たり前の事実に娘を見ていると実感する。人の性質や素質を遺伝子に帰納するのは運命決定論的で少々気も引けるのだが、現実としてある程度避けられない事実なのだろう。

娘は寝返りを打つのから歩くまで随分と時間がかかった。そして2歳の今公園で遊ぶ姿をみていると、明らかに同年代の子より動きが幼稚で、背も小柄で幼児体型が抜け切れない。発育が遅いというかのんびりしている。そのくせ言葉だけ達者なので時としてどきっとすることをいって大人を驚かす。

思えば自分も発育は遅いほうだった。幼少期は歩くまでに随分かかり親をやきもきさせたそうだ。自転車に乗れるようになったのも小学校高学年、兄とは2歳違いだが実年齢以上の差で見られた。思春期に入ってもひょろっとしたもやしっ子で周りの子が第二次成長期を迎えても、いつまでも少年を抜けきらなかった。発育の遅さは本来成長の止まる20歳を過ぎてもそのまま尾を引く。

思い返してみると、大学生になるまでまともな恋もしなかったし、会社に入社した二十代半ばで遊びたい盛り。周りが仕事になれて社会に適応し、企業での存在価値を見出す30代に入っても、会社の文化にいつまでも馴染めなかった。年下が多いオリエンテーリング仲間の中で居心地良さを感じていた。外見が若くみられるのも精神の未発育が少なからず影響しているに違いない。

ところが今、不惑を目前にしてようやく仕事の面白さ、企業の社会貢献という崇高な目標を成す事の達成感を今更ながら実感しはじめた。


自分は成長していないのではない。ただ人よりもその成長がのんびりしたペースなのだ。


自分の年齢相応に求められる役割に戸惑いを感じることがある。そんな時、その役割を受けるのにためらう自分の精神構造の稚拙さに、悲観的になることが多々ある。ただあるとき、その根本に自分の発育の遅さ、マイペースな成長があることに気付く。それで溜飲がさがった。


焦ることはない。自分はいつまでも稚拙なのではない。確実に歩んでいる、老けている。ただ、そのスピードが世間の人よりちょっと遅いだけなのだ。そう、感覚的には2割ほど遅い。それは自分のコントロールの利かない遺伝子レベルで決まる運命なのだ。そう考えれば余計なストレスやコンプレックスは感じない。今自分は30代前半だと考えてみよう。すべてが辻褄があう。仕事のマネジメントも、家族との関わり方も、趣味への接し方も。まるで子供の頃少し年下の子の中で居心地良さを感じたように。


さて、もう少し肩の力を抜いて考えてみよう。自分のすべきこと、やりたいことを。









土曜日, 1月 24, 2009

マラソン再挑戦

なぜそう決めたのだろう?

自分でもあまりよくわからない。妻の誘いにすんなりOKしてしまった。強いなにかがあったわけではない。多分たまたまマラソン中継を見たとか誰かの完走記を見てちょっと感動したとか、そんな他愛もないことでなんとなく走ってみたくなったのだと思う。
ただ、今の自分の生活のペースにはあってるかもしれない。練習はどこでもできるし、特別な工夫も必要としない。生活と仕事の間にトレーニングをもぐりこませているような今の自分には、一番モチベーションが沸くかもしれない。

遠い記憶を紐解いてみると、自分が走ったマラソンは過去2回。
一度目は26歳のころ、入社1年目で一旦落ちた体力を戻すための刺激として走った埼玉マラソン。当時は今よりはるかにスピードがあったからハーフは74分台で楽々通過、ところが例に漏れず35キロ過ぎに失速して2時間37分台だった。
ちゃんと練習すれば20分台を狙えると言ってくれた人もいたけど、当時はあまりマラソンに興味がわかず、そのままチャレンジせずしまい。
二度目は31歳のころ。やっぱりこのころも低迷期から脱した時で、冬にいいトレーニングができて自己ベスト更新を狙って走った。ところが調整に失敗してはじめから自滅、記録はよく覚えてないけどたしか2時間50分を超えていたと思う。

そして今回3回目。
それほどこだわりはなく、ぬるいぼやっとしたものでしかないけれど、目標は2時間30分台をもう一度、あわよくば自己ベスト。これは冷静になると少し厳しい。でも手が届かなくもない手頃な目標でもある。
4月に1レース、そしてうまくいけば9月にもう一度走りたい。

その先に何があるのか。すごく漠然としているし、今年だけの気まぐれかもしれない。だけど今は楽しくやりがいのあるトレーニングライフになればそれでいいのだろう。

金曜日, 1月 09, 2009

次のレース

新年明けて新たな年

久しぶりに緊張感のある目標が目前に出来た。
関東リレー。
昨年は惜しいところで優勝を逃した。今年も同じ村越、加藤と望む。勝利への想いは募る。
平均年齢40にも近い3人のチームだけど、なんと現役全日本チャンピオンが2人もいるチームだからそうは負けられない。
そういう意気込みとは裏腹に現実を見れば、森でのレースは昨年チェコから数えて2回目。森を走る筋力はもちろん、テクニックも流石に錆びてないか。技術的には若干自信過剰気味の自分でもさすがに不安がよぎる。

でもシンポジウムの時の藤沼君の言葉が頭に浮かぶ。

「新潟大にいた時は時々しか出られない分、ひとつひとつのレースを集中してのぞんだ。関東の人はオリエンテーリングができるのが当たり前で逆に準備が甘いのではないか」


いいこと言うなあ。そうそう、レース密度とパフォーマンスは必ずしもシンクロしない。

今だからこそできる集中したレースができるかも。そう思えばなかなか走りがいがある。